ヌマ日記

想像力と実感/生活のほんの一部

この長いタームの終わり[2021年9月19日(日)晴れ]

台風一過でよく晴れていて、久しぶりに気温も高そう。快晴につられて自分の気持ちもすかっとしているかというとそうでもなく、昨日久しぶりに飲んだアルコールのせいで体が重い。昨日は心身の不調を低気圧のせいにしていたけど、そうじゃないのかよ、と胸のうちでつっこむ。つっこむとそのぶんだけ心が軽くなるというか、その部分だけ正常になったような感じがした。窓の外に広がる濃い青空を見ながら、粛々と原稿の赤字に対応。お昼は夏の間に食べ損ねたインスタントの涼麺を食べて、それから日記を書いた。

 

夕方、思い立ってグループLINEに「今晩オンライン飲みしませんか」と提案してみる。最近MやAとLINEのやりとりをたまにしているのだけど、日々の仕事に追われてついやりとりを止めてしまったり、かと思えば自分が返信する時にはなかなか話が前に進まないもどかしさを感じてしまったりして、いっそ話したいなと思っていた。

返事を待ちつつ、恋人と散歩。YouTubeを見ていたら高円寺にクラフトビールの自動販売機がある、という動画がサジェストされてきて、行ってみることにしたのだ。早稲田通り沿いにある「DRiNK UP!! Craft Beer Shop」というお店で、店内に自動販売機が1台置かれている。スタッフの人も常駐していて、質問すると色々教えてくれたり、自動販売機に入りきらなかったビールを売ってくれたり、両替してくれたりする。

自販機の前で数分迷い、STRATHCONAのBeautifulとUntitled Coffee Goseの2本を買った。Coffee Goseはカナダのブルワリーが地元のコーヒーロースターとコラボしたもので、コーヒー豆を注入しているそう。アヒルが赤いマグカップでコーヒーかビールかを飲んでいるパッケージがかわいい。STRATHCONAのBeautifulはフルーティなペールエールということで、多分好きな味だろうなと思った。昨日、輸入食品屋で「1本1000円は気が引ける」とか言っていたが、Beautifulはそのくらいの値段。まあ、久しぶりの友人とのオンライン飲みだし、と奮発した。

 

駅前のスーパーで野菜などを買って帰宅。飲み会の前に夕飯の準備を終えたい。今日は無印良品の「手づくりカレーキット ほうれん草のカレー」。レシピに沿って作りつつ、サフランライスを炊き、付け合わせのキャベツとにんじんのクミン炒めの準備。それから、飲み会のつまみとしてなすと大葉・みょうがの塩揉みを作って冷やしておいた。

20時過ぎからスタート。iPadの画面に写ったMの手にはおしゃれなクラフトビールの缶が握られていて、「俺たちも今日クラフトビールだよ〜」と、DRiNK UP!!の話をする。画面越しに乾杯して、Mが飲んでいるビールについても教えてもらう。VERTEREという、西多摩にあるブルワリーだという。真っ白な缶に控えめに風景写真がプリントされているデザインで、SNSでよく見かけるわりにお店では見かけたことがなかったから、詳しく聞けてうれしかった。今度買ってみよう。

そのあとは他愛もない話を色々と。Spotifyの「Music+Talk」という、音声配信の合間にSpotifyで配信している音楽を挿入してラジオDJっぽいことができるポッドキャストが作れる機能の話や、野菜と肉はアキダイが安くて質がいいのだが、魚は断然OKストアがうまい、SEIYUはPBのクオリティが高くて好きみたいな話*1、『ドライブ・マイ・カー』の話、村上春樹の原作『女のいない男たち』の悪口、あとは前後関係を忘れたけど伊丹十三スーパーの女』、『騙し絵の牙』、『プロミシング・ヤング・ウーマン』といった映画をおすすめされたり。12時を過ぎてからは、心の中に深く降りていくような話もした。

久しぶりに複数人でたくさんしゃべった気がする。夜も更けて、なんとなくお開きの雰囲気が漂った時に「次はオフラインで会いたいね」と話す。前回このメンバーでオンライン飲みをしたのは8月の上旬で、その時はとても対面で会おうと言える雰囲気ではなかった。ようやくこの長いタームの終わりが見えてきたんだなあと思う。

 

今日の新規陽性者数は565人、現在の重症者数は171人、死者16人。

*1:スーパーを情熱的に語ることについては、滝口悠生『長い一日』のオオゼキ語りに確実にエンパワメントされている